洗車

洗車道具のお手入れ・保管方法

洗車をするためにたくさん道具を集めている洗車マニアはどれくらいいるだろう。たくさんの道具を買ったのはいいが、お手入れ方法や正しい保管方法を知っている人は少ない。今回はそれぞれの道具のお手伝い方法、保管方法を説明していくぞ。
私が普段しようしている洗車道具が気になる方はこちら

お手入れ方法

タオル

洗車をする人なら9割が使っているであろうマイクロファイバークロス。使ったまま片づけたり、水でちょっと流すだけでお手入れ完了としている人もいるだろう。私のおすすめは洗濯機で水のみを使って回すこと。汚れがひどい場合は中性洗剤を使ってもいいだろう。間違っても柔軟剤は入れないでほしい。というか柔軟剤をマイクロファイバークロスにしみこませてどうする。柔軟剤は、マイクロファイバークロスの吸水性を落とす可能性が高いから絶対使わないように。洗い終わったあとはできるだけ日陰で干すように。
ちなみに私が愛用している最もコスパの良いマイクロファイバークロスはこちら。

スポンジ

スポンジを使っている人は今どき少ないと思うが、洗車クロスやムートングローブも同じ洗い方をしてくれればいい。クロスのように洗濯機は使わずに、ホース等を使った水洗いだけで良い。おすすめはバケツに水をためて、洗うこと。そうすることで水の節約もできるぞ。洗い終わったら、クロスと同様で日陰で干すように。
おすすめのスポンジはこちら

保管方法

保管方法は屋内と屋外で少し変わってくるので分けて説明する。おすすめは屋内一択だけどね。

屋内

屋内は比較的温度を気にせず保管できるから本当におすすめ。基本的に直射日光さえ当たらなければ問題ないだろう。あと冷暖房が直接当たらないところに置くように。この2つを守れば大丈夫だ。

屋外

屋外での保管は屋内よりも難しい。まず屋内と同様に直射日光が当たらないようにしなければいけない。そして夏場でも気温が高くならないような場所で保管する必要がある。使っている洗剤などの何度以上は避けてくださいを絶対に守るように。これを守らないと大変なことになるぞ。(経験あり)

まとめ

今回は洗車道具のお手入れ方法と保管方法を説明した。洗車道具を長く使うためにも大切なことだ。自分の愛車をきれいにするためにはまず道具のお手入れから
その他にも使用道具は下回りとボディーで分けることも、次回使うときにどれを使うか迷わなくなるからおすすめだぞ。

-洗車